■【戦国BASARA】小説

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ワシの好物

最近どっぷり『戦国BASARA』している桂花です。
特に奥州主従と甲斐主従の組み合わせが好きです。

そう。ワシは主従とか師弟とかの組み合わせが大好物。
もちろん、リバースもあり。
妄想もオートリバースエンドレスリフレインじゃよ(多分409号さんにしかわからないネタ)。
ステッキーですね、主従。

BASARAにハマる前から、こんなもん書いていたりする私。
だからBASARA見た時、信玄公と幸村が拳で語り合っているのを見て、

「これはもう、夜は寝床で語り合っている!」


と、妄想するのはワシの脳内では勝手。


ちなみに、史実では真田家は武田家に仕えていたのは事実だけれど、幸村(信繁)が成長した頃には、武田家は滅びていたみたいですね。
まあ、そんな史実も、BASARA的妄想の前では、無惨に砕け散るわけですが(ヒデェ)。


朝っぱらから何を書いているんでしょうね、ワシ。

■【戦国BASARA】 『信×幸×佐』 急転直下? 第五話

ブログに直書きしているわけではないので、予想以上に長くなった第五話。

ご利用は計画的に
ご利用は計画的にしつこい?

まさか携帯から読んでいる人いないと思うけど、大丈夫ですか?


限られている時間が細切れなので、書けるときにテキストエディタに下書きを書き散らかし。
ある程度まとまったら、区切りの良いところでブログにコピペ。
そんな手順を踏まえています。
一応バックアップがあるわけで、ワシが急死した場合、遺族とかに発見されたら死んでも死にきれない状況なんじゃよ。ギャワー!


たまにはかまってください
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
続きを読む >>

■【戦国BASARA】 お悩み電話相談

デンワダヨ♪ デンワダヨ♪ (←我が家のコール音ですが、何か?)



かすが「はーい♪ こちら、電話相談室の相談係、かすがで~す」

佐助「ンだよ。相談係って、おめーかよ」

かすが「なによ、その言い草。失礼ね。で、相談って?」

佐助「(…こいつに相談していいものなのか?) 実は…」

かすが「なるほど。信玄殿と幸村殿の関係が羨ましいということね」

佐助「うぉぉいっっ! 俺様、まだ何も言ってねェぞ!?」

かすが「ふふふ。恋する乙女をなめちゃいけません♪ で、佐助自身はどうしたいのよ」

佐助「つか、それをどうするかを相談しているわけですが?」

かすが「馬鹿ね~。忍びたる者が、忍べる恋を忍ばなくてどうするのよ」

佐助「おめーは、全然忍んでないじゃねーか」

かすが「それはね。私と謙信様の間にあるもの。それが私にとってすべてだから、な・の♪ 大体、ゆっきーにしてみれば、アンタなんかより、信玄殿のほうが大事なのは、公私に於いてのことでしょう? それが、アンタにとっては切ないわけで…」

佐助「ぐっ……(的を射ているだけに、言葉にならない)」

かすが「だめね~。『人の恋路の邪魔する者は、馬に蹴られて死んじまえ』っていうじゃないの。馬に蹴られたいの?」

佐助「だーかーらー! 俺様は旦那と添い遂げられるなら、別に旦那が誰と愛し合おうが……って。そーゆーこっちゃねぇ! つか、ゆっきーって誰だよ? そもそもおまえ、そーゆーキャラかぁ?」

かすが「今の私は、恋に悩む殿方の相談に乗る電話相談員。ちなみに、ゆっきーは、真田殿の愛称。私と謙信様で決めました~」

佐助「決めるな、そんなこと!」

かすが「大体、そもそもの身分が違いすぎるってことくらい、アンタだってわかっているんじゃないの? 私はその辺を理解した上で、謙信様を愛しているの。謙信様のために尽くして尽くして尽くしまくって…。それが、私の幸せなの。愛は求めるものじゃないのよ!」

佐助「そう言う考えもあるか…」

かすが「だからこそ、ちょっとした間に謙信様が仰ってくれるねぎらいの言葉が、またたまらないのよね~♪ 『ありがとう。私の美しき剣よ』なぁんて言われた日には、もうそれだけでとろけそうになっちゃうのよね~(はぁと) そうそう、こないだなんか…(以下、延々と謙信と自分の話を語り出す)…」


佐助「………(チン☆)」←受話器を置く。




--------------------------------

二回目


rrrrrrrrrrrr……(←コール音)


風魔小太郎「………電話相談室………」

佐助「(口数少なそう……)あの、相談なんですけど……」

小太郎「……どうぞ……」

佐助「……俺、実は真田の旦那のこと、どうしようもなく愛しているんですけど、旦那の方はどうもお館様のことを好きみたいで。で、お館様のほうも満更でもないみたいで……」


(以下2時間ほど、苦悩や妄想を交えつつ、佐助のみ延々と語り続ける)


佐助「……でさ、俺様としては、旦那とのハネムーンは海外とか…。いや、しっとりとひなびた温泉地とかもいいかなぁ…、なんちってよぉ♪」

小太郎「…………」

佐助「……相談員さん?」

小太郎「……キモッ(ガチャ)」 ツーッ、ツーッ、ツーッ、ツーッ……

佐助「うおおぉぉぉぉぉおい!! 散々語らせといて、それかよ! こっちは、相談料金も電話料金も掛かってンだぞ! ちょっと、おぉぉい! もしもしぃぃ?」



---------------------------------------------

三度目の正直ィィィ!! (←佐助涙目)



前田慶次「うぉっす! 電話相談所だぜぃ!」

佐助「もしもし、恋についての相談なんですが……」

慶次「恋に悩みはつきもの! 恋ができるのはいいことだ! 頑張れ若者! じゃあな!」


ガチャッ☆ ツーッツーッツーッ……


佐助「それだけぇぇぇっっ!?」





【もう誰も信じない……:猿飛佐助】

■だいたーん、かむ・ひあー!

人様のブログを汚すのもアレなので、皆既日食も過ぎた今更に日輪ネタ。


日輪と言えば、まずはこの人。

日輪の申し子瀬戸内のツンデレ武将こと毛利元就。


「日輪の申し子」
このキャッチフレーズを見たときに、ついつい思い浮かべてしまったのが、こちら。
 ↓

ダイターン3かむひあ~、だいたんすりー♪

すまん。
これといった画像がなかったので、アニメの画像ではなくフィギュアになっちった。

その昔、『無敵鋼人ダイターン3(すりー)』というロボットアニメがありましてね。
で、ダイターン3の必殺技「サン・アタック」を放つ時の口上が、

「日輪の力を借りて、今、必殺の、サン・アタァァァァァァック!!!!」
 (←うろ覚え)

うん。これだけで、何で日輪の申し子と脳内リンクしてしまったのかは、自分でもわかりません。


ちなみにダイターンに搭乗する主人公・波嵐万丈くんは、こちら。
 ↓
波嵐万丈
うん。わざとこういう画像探していました。

美人秘書が二人。この手のロボットアニメではおなじみショタキャラが一人。そして何でもできる素晴らしき老執事が一人。お金持ち。キザ。クール(?)。
設定年齢18歳は、絶対に嘘だと思う。


てなわけで、徳川軍のホンダムに対抗して、毛利軍は火星から援助を受けてダイターン3を借り上げ。
元就に搭乗してもらって、あの必殺技口上を叫んでもらう……と。

書いていて、自分でも馬鹿だと思いました。ハイ。すいません。もう調子こきませんので許してくだs……(蒸発)

■流行りに便乗

20090725124014
久しぶりにアナログ画描いた。
つか、単なる落書きとも言う。
画質が悪いのと絵が下手なのは、勘弁して。

うちの猫宗は、ちょっと小悪魔さんなイメージです。

■【戦国BASARA】 今更ゲーム入手

20090727052011


やはり、義弟の部屋に埋もれていたって。
探してくれて、ありがとう。(『1』だけど)

ここ数年ゲームのコントローラーすらさわっていない私なので、久々のアクションゲームにドキドキでしたが……

貸してもらった本人(ワシ)より、旦那の方がやり込んでいるってぇのは、どーゆーことかなぁ?(血涙)
つか、文句やケチつけるくらいなら、ワシにやらせろ!(泣)
ちなみに旦那の使用キャラは、上杉謙信。
武田信玄萌えなワシに対する挑戦ですか、そうですか。



ワシにもゲームが出来る日が来ることを祈ってくだされ
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村

■【戦国BASARA】 『信×幸×佐』 第六話 ~親子の終焉 壱~

過日行われた禁断の宴のおかげをもちまして、テンションアップ!

ちょっと落ち着かずになかなか筆が進みませんでしたが、何とかここまで漕ぎ着けました。
宴参加者の皆様から、妄想パワーをいただきました。ありがとうございます。

さて、長らくお待たせ致しました甲斐武将編続きですが……

やらかしてます。

ここでは、そうとしか書けません><


てなわけでぇ…




じゅうはっさいいじょうのかくごのあるもののみ、『つづきをよむ』を、くりっくしなさい」(脳内CV:朴璐美)


たまにはこちらも、ポチッよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



続きを読む >>

■【戦国BASARA】 オクラ畑でつかまえて 【SS】

我が愛しきブロガー・櫻井奏殿が、『戦国BASARA』専用ブログを立ち上げ頑張っておられる故、引越祝いと激励を兼ねて、我こと毛利元就と元親の話を、桂花とかいう腐れ忍者が書くと申しておった。
半ば勢いの、つたない話ではあるが、資料が少ないから仕方がない。
などと言っておったが…

妙な話にすると、この輪刀の餌食にするぞ…




「期待せずに、『続きを読む』に進むがよい」

(脳内CV補完:中原茂殿……で悶え苦しんでくだされ)

続きを読む >>
タグ : *

■【戦国BASARA】 素朴で重大な疑問 【雑記】

伊達主従に萌え、甲斐主従に萌え、六文銭主従に萌え…(以下延々と萌え続ける)…

などとしている時に、ふと思ったこと。


「BASARAキャラの下着は、当然、なんだろうなっ!」←逝ってこい

いやいや。褌スキーな私には、激しく疑問なんじゃよ。
しかも、六尺か越中かで、また萌え方が違ってくるし。
個人的希望を言えば、やっぱり六尺がいいな。からげて細くなった紐状の布が、キリリと締まったお尻に食い込む様がたまらんのじゃよ。ハァハァ←

あ。かすがと濃姫様は、基本はノーパンでお願い致します(マテ



褌スキーな子、集まれー☆(いねーよ)
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


■【戦国BASARA】 『信×幸×佐』 第七話 ~親子の終焉 弐~

多いときは一日3~4回のハイペースで更新していますが、ほとんどは書きためたヤツをペタペタ貼り付けているだけですよ。

『本日の横輝占い』を1カテゴリにしちゃったから、更新頻度もさらにアップ。
うん。自分で自分の首を絞めています。

8月になると、野暮用で7~10日ほど更新できない日があると思いますので、それの書きためだと思ってください。


今回で、やっとこ『信×幸』の部分が終わり。
一時期動きが悪すぎて、どうしようかと思ったけれど、とりあえずは形になって(?)、ちょっとほっとした。
ひとえに、宴参加者の皆様と、こんな駄文でも楽しみにしてくださっていた方々のおかげでございます。


てなわけで、

「ここから先、十八歳未満の者を通すわけにはいかぬっ! 続きが読みたいものは 『続きを読む』 をクリックして参られよっ!」

(脳内CV再生:保志総一朗)


ゆっきーのB地区だと思ってポチッと…(蹴)
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


続きを読む >>

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。