■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【戦国BASARA】 『信×幸×佐』 やってもうたな第三話

酒も抜けたのに、明鏡止水とはほど遠い、煩悩三昧な小説書いています。
しかも、今回は内容が、かーなーりヤヴァい。


でも、このブログを読んでいるあなた。

あなた…『覚悟して来てる人』……ですよね。

BLの「腐小説」を読もうとするって事は、
誰かに「見られる」かもしれないという危険を、
常に『覚悟して来ている人』ってわけですよね…
(by:ジョルノ・ジョバァーナ)



いつも前置きが長いのは、覚悟のススメのため。
同名マンガとは、一切関係ありませんが、主人公(男)がすぐ裸になる上に、M字開脚シーンまであるってぇのは、如何なものかと……
いや、ちゃんと読んでいません。





では、Partyの始まりだぜ!
Are You Ready , Girls !?




<前回までのあらすじ>
 みっちゃんの策略によって、囚われの身となってしまった幸村姫。
 幸たんを救うため、単騎で駆けるは、甲斐の虎と謳われし勇将・武田信玄ことお館様。
 さて、王子様(いかつすぎ)は無事、さらわれた幸村姫を助け出すことができるのか!

(解説になってねぇ! というツッコミは聞かぬでおじゃる)






にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村



こっから先に行きたけりゃ、18歳以上になってから来な……(脳内CV:中井和哉)



【2009.10.16 追記】
橘 乃猫様に、挿絵を強奪 いただきましたので、本文の上に早速添付させていただきました。
橘様、ありがとうございます。ぺこりんこ。





捕らわれゆっきー

挿絵:橘 乃猫様






 最初は必死に抵抗を試みた幸村だったが、焚かれていた香の匂いのせいか、挿入された薬のせいか、光秀の妖艶な瞳のせいか、催眠術にでもかかったかのように、次第に従順になっていった。
「…あ、は…あ、ン……ッ!!」
 恍悦とした顔の若き虎は、敵将から与えられる快楽に翻弄され、最早、性の傀儡と成り果ててしまったように、悶え呻く。
「なかなかわかいいですよ、若き虎よ。……いや、こうなれば、もう猫ですかね。そう、愛らしい子猫」
 光秀の喉が、くくっと低い笑い声をあげる。
 くちゅっと淫靡な音を立てて、幸村の菊門に差し込まれた光秀の指が動く。同時に、幸村の身体がビクリと跳ね、声があがる。
「ああっ! ……か…さ…ま……、ああうっ!」
 朦朧とした幸村が、喘ぎ声の合間に呟いた何かに、光秀の眉が反応してつり上がる。
「何と……おっしゃいました?」
 答えを催促するかのように、幸村の中にある光秀の指がうごめいた。空いていた光秀の片手が、固くとがった幸村の乳首をつまみ上げ、転がす。
 たまらず幸村が悲痛の声で叫んだのは、心の奥底にしまい込んだはずの、本音。叶えられるはずのない、懸想。
「お館様…、お館様……! 某は…、幸村は……、は、あああ…ッ!」
 触れてもいない、官能に猛り狂う若き虎の分身から、何度目かの白濁した精が放たれた。
 猛りを放ち、力無く吊されている幸村の顎に手を充て、光秀は邪悪な笑みを浮かべる。
「そうですか……。そのように甲斐の虎殿を懸想していたとあれば……面白い。非常に面白いことになりそうですね」
 こぼれる笑みを押さえきれず、光秀は取り憑かれたような笑みを浮かべ、幸村の耳元に口を近づけた。
「起きなさい、虎の若子よ。まだまだでしょう?」
 顎を掴まれ顔の向きを変えさせられた幸村の口に、光秀の口が重なり、舌が這いずり込む。
「むっ……」
 己の口腔を這い回る感触に、幸村は力無く首を振り抵抗する。
 果てたばかりの幸村の分身に、光秀の指がまとわりつく。前後に動かしているうちに、萎えていた花心は再び潤いを取り戻したかのように、そそり立つ。
 何度も達せられ、敏感になった幸村の身体は、最早少しの刺激にも堪えられない。
「やっ…! あ、あふ…ンッ……!」
「若いということは、いいことですねぇ。こうして何度も、最上の気分を味わうことができて。早く私にも、その気分を味合わせて貰いたいものです」
「あうっ……! お館様…お館様ァァァ…ッッ!!」
 喉をのけぞらせ、幸村が叫ぶ。
 快感にのたうち回る毎に、大きな双眸からビードロのような透明な涙が、粒となって溢れ出る。
「さあ、甲斐の虎よ。早く来て下さい。虎児があなたを呼んでいますよ……。ク、ククク……」
 口端をつり上げ、恍悦とした笑みを浮かべつつ、手と舌で幸村を嬲る光秀。
 彼が待つのは、至高の獲物。
 幸村を嬲ることは、この男にとっては、ただの味付けにすぎなかった。




王子(ごつすぎ)は、まだかー!!
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。