■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■そうだ。選挙に行こう。

こんにちは。日がな一日TLに張り付いていた頃とは打って変わって、ブログのネタが銀の雨のように降る降る。松山千春じゃねーぞw

いつもけたたましい朝であるため、基本的には朝はテレビをつけません。つけると飯食う手が止まる阿呆が若干1~2名おりますので(笑)
ですが、今朝は天気予報が気になったため、珍しく朝からテレビをつけていたわけです。ニュースを見ながら、今年中学生になって少し言動に生意気さが見られるようになった(が、小学三年生女子に論破される程度の)長男が言いました。

「あー。おれも早く、選挙に行ける年になりたいなー。何でみんな投票しないんだろうなぁ…。せっかくの選挙権がもったいない」

はい。
そこで、政治に関心ないー。とか、どこの誰が政治家になっても一緒でしょ? とか言っている皆様。消費税は払っているけど選挙権は持っていない中学生が、こんな嘆息を吐いていますよー。

どういう意図を以て、どの政党に、どの候補者に投票してみたいかとは、あえて聞きませんでしたが、せっかく20歳以上の日本人成人男女に与えられた権利を放棄するような投票率の低さを、中学生が嘆いているんですよ。
歴史を紐解いてみるまでもなく、我々の先人達が努力に努力を重ねて手に入れた選挙権なのに、この中学生が選挙権を手に入れるまで、この制度が保てるのでしょうか。
これ以上選挙に、政治に無関心が続けば、世界に誇れたはずの選挙制度が根本的に瓦解してしまうかもしれません。
せっかく手に入れた我々が政治を執行する人々を選ぶための権利が、将来なくなってしまうかもしれません。現在、改革改革と騒いでおりますが、その改革はどこに向かうのでしょう。
迷走する政局の舵取りをできるのは、選挙権を持つ私たち国民一人一人なのです。
曇が多く天気の読めない朝、中学生が何気なく言った一言。
彼の声も行政に反映されるべく、この中学生が大人になっても選挙を行える権利を持てるよう、今選挙をする権利を持つ私たちが、よりよい未来を作るために、権利を駆使して行きたいものです。



投票日は7月21日(日)です♪ヽ(´▽`)/
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。