■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■風疹蔓延の現実を目の当たりにして

ついったのTLでも流れていました。拡散希望とあり、作者本人が配布に許可はいらないということなので、勝手に掲載。問題あったら即削除します。



医療機関ばかりでなく、最近はわりとあちこちで風疹予防を喚起する広告やポスターを見るようになりましたが、ワクチンが足りないという事実は初めて知りました。
うちの子たちはMR含めて全員風疹の予防接種は受けてますが、子供らと同年代でも意外に受けていないとか受けるの忘れてたという人が多くて、ちょっと……と思う。
今の子育て世代に至っては、予防接種を受ける事自体が任意となり、任意だから結局保護者自身が病院に連絡して日程組んで連れてって……となると、この時点でどうも匙投げる人が多いらしく、予防接種を受けていない女性の多いこと。とはいえ、予防接種をしなかったのは、当人の責任とは言い難いのですがね。
まあ、誰の責任だ、彼の責任だと、責任の追求や擦り付け合いをしたところで、風疹ワクチンの不足という事態は全く変わりはないわけで。
鳥インフルに警戒するのももちろんですが、次世代のためにも、風疹ワクチンを増産して、すぐにでも予防接種ができるようにしてほしいものです。
とはいえ、医療機関の事情とかその辺はまったくのど素人なんで、そう簡単にワクチンの増産ができるのか、ワクチン接種が手軽にできるようになるのかというと、甚だ疑問ではありますが。
警鐘を鳴らすほどの蔓延ならば、注意喚起はもちろんのこと、誰でも、安心して、気軽に、不足の心配もなく、予防接種が受けられるような土台があってほしいものです。


これっぽっちも関係ありませんが、ここ数日ひどい胃痛と腹痛に苛まれ、我慢できずに病院に駆け込んだのに

「何ともありませんね( ´ー`)」

ということで、神経性胃腸炎という診断をいただきましてん。
痛いのに……苦しいのに……ビオフェルミンだけですかそうですか
乳酸菌に頼るならシロタ株のほうがヤ●ルトさ────ん!!!!

とりま、今はちょっとぶっ倒れている暇はないのは確かなので、まあやれるだけやるさぁ~┐(´д`)┌


へば。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。