■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【戯れ言】 俺の萌えポイント考察 【完全俺得】

◆ストライクゾーンが昔より遙かに広くなっているのはいいことなのか悪い事なのかはさておき。


◆最近のツボは、
「顔に傷があってオールバックで前髪垂らすとエロさが倍率どん!となるおっさん」
なわけです。
まあ、このブログ遊びに来ている人は、大体察しが付くでしょうが(笑)


◆こじゅは3になると、完全に三十路越えだよね~(*´∀`)
身体にも傷が増えるといいさぁ~ヾ(´∀`)シ  そして、毎晩のようにその傷のひとつひとつを、筆頭が丹念に舐め回して、
「無茶ばかりしやがって…、馬鹿野郎が」
とか耳元で囁けばいい。
「貴方様をお守りするのが、この小十郎の役目にござります。この傷は…貴方様を守れた、俺の誇りです」
とか返すんですよ、小十郎も(^ω^*)
もう、どんだけおれに妄想を抱かせるおつもりですか、この破廉恥主従め!

おかしーなー。BASARAに嵌った当初は奥州は小政だったのに、いつの間にか逆転しているよ。
まあ、どっちもおいしいけどな!←


◆あと、女王様にズキュゥゥゥン!!とされるとは思わなかったのが、瀬戸内と某海賊漫画の桃鶴鰐。
某紫の仮面の人ほどあからさまに女王様じゃないのに、その冷徹さとあのヒールから「どう見ても女王様です、ありがとうございました」な緑の女王様ことオクラさん。
あのプライドの高い難攻不落そうなツンツンな女王様を、いかにして引きずり下ろし、びっちの如く喘がせて腰を振らせるか。それを考えるだけで、サディちゃんのようにゾクゾクしちゃいます(^ω^) ああ~ん、辛抱たまら~ん♪←

いつぞやの記事にも書いたけど、似たようなタイプの女王様のエロ鰐。
公式設定44歳…だと…? それであのエロさか…? しかも、桃鶴さん5歳下設定ですよ! 何その美味しい公式設定!!^q^
年下にしつこく付きまとわれて無理矢理関係持たされて、それをネタに更に要求がエスカレートするといい\(^p^)/
などと考えている同年代ですすみません。
顔も見たくないくらい嫌いな存在のはずなのに、身体は反応しちゃう…! 悔しいッ><
とか、なっちゃえばいいさぁ~ヾ(´∀`)シ ハイサイ

そういや、BASARA瀬戸内の年齢ってどんなだっけ?
毛利年上説は知っているけど、史実に於いてはナリ様ってそもそも世代からして違うという。妖狐説はそれはそれで非常に美味しい^q^
アニキは若いわりに色々悟っているのは、苦労しているからだといい。
だから、多少の女王様の我が儘は「はいはい」と軽く聞いてくれるし、あしらうのも上手いんだよ、きっと。
100回我が儘聞いてあげて、やっと貰える1コのデレ。
荒波を越えてこそ、お宝のありがたみは倍増するってモンだぜ、野郎ども──ッッ!!>(`∀▼)
てな気持ちだから、女王様による多少の荒っぽい我が儘など、アニキにとってはお宝をゲットするための手段の一つにすぎないという。

そして、もう片方の女王様。こちらは桃鶴さんが女王様を輪に掛けたわがまま野郎なので、実は女王様の方が心労が絶えないというか。
だってさー。このわがまま桃鶴王子はね、鰐女王がちょっと誰かの肩持った素振りを見せただけで、女王様の首刎ねるんですぜ?
まあ、そんなことすらこの方達にとっては、挨拶代わりでしかないわけで。さすがだ(いろんな意味で)。
桃鶴ちゃんは女王様にとって天敵そのもの。無理難題をふっかけられては強奪されまくるから、女王様涙目ww


◆「最近、ずいぶんとつれないじゃないのォ? フッフッフッ…」「うるせェ…。おれはお前なんかと遊んでいるほど、暇じゃねェンだよ」「そんなことおれに言ってもいいの? ……の事とか、さぁ…」「!! テメェ、どこまで知ってやがる…!!」「フッフッフッ…。さあねェ。まあ、おれの口を塞ぐなんて、存外簡単な事だよ」「そのにやけた面と胴体を分ける…とか?」「怖いこと言うねェ…。でも、もっと簡単なことだせ?」(そう言っていきなり抱き寄せ、腰に手を回し顎を掴む)「!! テメェ…、ふざけんなッ!!」「ふざけてないさ。本気だぜ、おれは」「殺す!!」「…いいぜ? だが、おれを消すと同時に、あの事についての証拠は、間違いなくばらまかれると思え」「……!! て、テメェ……!」「大人しくしてな。たっぷりと可愛がってやるからよ」


◆そんな感じがとても萌えるさぁ~ヾ(´∀`)シ
泡盛の炭酸割りは邪道ですかそうですか。
閑話休題。
リビドーを吐き出しただけで、本題にちっとも触れていない件。
萌えポイントはどこだ。
強●か? それもおいしい。強要されて無理矢理とか…な。
ずっと前に記事にした、学園BASARAの小十郎も、ある意味そのカテゴリだな。


◆そういう意味では、松永×小十郎とかおいしすぐるのよww
政宗様のためなら命すら惜しくはない。いわんや、この身体など…!
といいつつ、やはり嫌いな男の腕の中で悶え喘ぎ果てることに、どうにもならない悔しさと怒りに身を焦がすがいい。
卿は這いつくばって打ち震える様がよく似合う…とかね。


◆一執念記念にオリジナルやるとかほざいておいて、まったく手を付けていない件について。
誰かこの馬鹿何とかして…








何だかんだで鰐萌えが酷い件。最早重症。
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン






スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。