■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【戦国BASARA】 お題『上目遣い』 【筆頭誕生日記念】

筆頭旧暦お誕生日記念と題しまして、

■ 小悪魔な人に10のお題 ■

から、

『上目遣い』

書きます。

小悪魔…。
まさに筆頭のためにある言葉だ。


小十郎目線です。




拙者の中の筆頭は、永遠の19歳! でも、BASARA3では20歳超えているんだよね…
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン





--------------------------------


 今日は政宗様の誕生日。

 皆で無礼講の宴を催した後、政宗様は愛姫様の寝所に向かった。
 お世継ぎを望まれる伊達家当主としては、当然のこと。
 正室であらせられる愛姫様に嫉妬しても、詮無いことである。
 だから、俺はこの記念すべき日に、月の光を肴に一人杯を空ける。
 月を見上げながら、一人で酌んでいると突然、音もなく部屋の襖が開かれた。

「小十郎、起きてるか?」
「ま、政宗様っ?」

 愛姫様のところへ行っているはずの政宗様が、突然俺の所へ現れた。
 月の光が見せた幻だろうか。
 だが、俺の所に寄ってきて、いきなりもたれ掛かった重みと匂いは、間違いなく政宗様のもの。
「今日は目出度い日だな、小十郎」
「ええ。政宗様も十九になられましたし。それにしても、今宵は愛姫様の所ではござりませぬか?」
「だから、目出度いんだよ」
 そう言って、満面の笑顔を浮かべる政宗様の顔。
 いつもの不敵な笑顔と違い、心から嬉しいと思う笑顔。
 政宗様のこのような笑顔を見るのは、子供の時以来ではないだろうか。
「愛がな、コレなんだよ、コレ」
 はしゃぐようにそう言いながら、政宗様はお腹の上で何度も手で弧を描いた。
 その意味を、俺はすぐに理解でき、思わず杯を落としてしまった。
「おめでたにござりますかっ?」
 その時の俺の顔は、どれほどだらしなく緩んでいたのだろう。
 喜ぶ俺の顔を見て、政宗様はしばしキョトンとした後、大声で笑われた。
「ははっ! そうか、小十郎も嬉しいか」
「勿論にござりまする! これで、伊達家も末永く安泰にござりますな」
「宴の時から愛の様子が変だったから、医者に診せたんだが…。まさかこの日に、愛の懐妊がわかるたぁな」
「まこと、目出度いことが重なり申しましたな」
「オメェも変な義理立てせずに、重長殺さなくてよかっただろが」
 当主にお世継ぎがないのに家臣の慶事などまかりならぬと、俺が自分の子供を殺そうとしたことを、暗に責めている。
 俺は言葉を無くし、黙って新たな杯を政宗様に差し出した。
「重長は、かわいいよなぁ。小十郎にちっとも似ていねェ」
「…それはどういう意味にござりますか、政宗様」
「褒めてんだよ。いい息子だってな」
 そう言って悪戯っぽく笑う政宗様の上目遣いが艶を帯び、俺は不覚にも心臓を高鳴らせてしまう。
 俺の胸の高鳴りを知ってか知らずか、政宗様の口端が不敵に歪む。
「孕んでいる愛に、無理はさせられねェからな。他の側室ンとこ行ってもよかったんだが…、やっぱり嬉しさを分け合うなら、オメェがいい」
「勿体ないお言葉にござります…」
 俺にもたれ掛かるように座っていた政宗様が、催促するように俺に杯を突きつけた。
「祝杯だ、小十郎」
「はっ」
 俺は言われるまま、政宗様が差し出した杯に酒を注ごうとしたが、政宗様は無言で俺の手を押しとどめた。
「祝杯だからな。小十郎の口移しがいい」
 いつもの不敵な笑いを浮かべ、上目遣いで俺を見る愛しい人。
 こうなると、最早俺はこの方の言葉に逆らえない。
「……困ったお方だ」
 俺は苦笑を浮かべつつも、政宗様から杯を受け取り酒を口に含むと、政宗様の首を引き寄せた。
 包み込むように口を重ね、舌を使って口の中の酒を政宗様の中に流し込んだ。
 俺の口の中から酒が無くなっても、口腔に残る酒を舐め取るように政宗様の舌が俺の中をまさぐる。
 酒の香りと、その甘美な感触に酔いながら、俺は政宗様の腰を抱き寄せた。


 月明かりだけが、俺たちを見ている。




--------------------------------

【おしまいっ】



スポンサーサイト
タグ : *

■コメント

■ぬわぁぁぁぁぁぁ!!!!!! [汐]

お久しぶりです、桂花さん!!!
(コメ遅くなってすみません;;)
なんとも新しい小政で・・・ドキンドキンしました。爆
・・・世継も生まれ・・・これで思う存分愛し合えるというものですね!!←

前の武田主従も、佐助が切なくて、どえらい萌えました///////
ゆっきー、佐助を意識してるっ!!!
このまま・・・続きが気になります!!

■>汐さん [桂花]

コメント、あざーっす!
お元気そうで何よりですノシ
この主従は、主人の方が余計なことをしなければ安泰なので、これからも末永く愛し合えばいいと思います。

そして、武田主従。
無理矢理お館様と添い遂げさせたら、佐助を意識し出しちゃったよっ!
しっかりしろ、幸村!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。