■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【戦国BASARA】 『チカ×政+こじゅ』 第二話

何だか思ったより長くなりそうなオカン…もとい、予感。
軽めのお笑い路線にするつもりが、今回は何だか重たい話になっちゃったし。
だって、黒脛巾(くろはばき)組出したかったんだもん><

 腐 れ 忍 者 で す か ら 。

あと、支倉常長くんも名前だけ登場。

最初のコンセプトが「チカと寝ちゃった政宗にお仕置きする小十郎」だから、たぶんチカちゃんと政宗のイチャイチャパラダイスはこれでおしまい…かも?
みかるさん、ごめんなさァァァい 。・゚・(ノД`)・゚・。
また改めて……できるかな?


頑張って軌道修正するので、今回は黒脛巾組の名前出させてください。
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン


これで大林坊俊海とかが出てきたら、あまり反省はしていないと思ってください。
でも、何となく名前だけでも出てきそう。


ああ。厳島戦の話(毛利元就vs陶晴賢)も書きたい…












--------------------------------


「じゃ、じゃあ、例の件は、ウチの野郎共にも話はつけておくから…。じゃな」
 慌てて袴だけを履いて、上半身は何もつけないまま、元親は小十郎の鋭い視線を避けるように、いそいそと政宗の部屋を出て行った。
 瀬戸内の日差しに色よく焼けた逞しい元親の背中に、小十郎は射殺すような視線を送りつつも、膝の先は政宗に向けたままである。
 完全に現場を押さえてしまった小十郎は、腑が煮えくりかえるような、苦しく熱い痛みを胸に抱えつつ、政宗の方に向き直った。
 いつの間にやら政宗は、かいまきを服代わりに羽織って胡座をかいて座り、小十郎を見据えていた。
 醜くただれ、えぐれている右目を覆う眼帯はなく、虚空の右目と壮大な野望に燃える左目が、小十郎の迫力を押さえ込むかのように力強い眼光を放っている。
「いいところに来た、小十郎。支倉と柳原を広間に呼べ。俺もすぐ行く」
「……黒脛巾組(くろはばきぐみ)の柳原ならば、まだ大阪から戻りませぬが」
「じゃあ、世瀬でいい。船に強い奴を、黒脛巾の中から十人選んでおけと伝えろ」
 黒脛巾組とは、政宗直属の忍者隊のこと。柳原戸兵衛も世瀬蔵人も、黒脛巾組の頭領として政宗に仕えている忍である。
 彼らを呼びつけるということは、この協議はただ事ではないと、小十郎は思った。
 もしかしたら長曾我部と行った布団の中での密談も、すべて政宗が描いた計画だとしたらと思うと、小十郎は背筋に冷たいものを覚えずにはいられなかった。
「わかりました…」
 低い声でそう言って平伏すると、小十郎は急ぎ足で政宗の部屋を後にした。
 廊下を小走りに進みながら、小十郎は己の主公の狙いを思案する。
 航海士育成を隠れ蓑に、西国の動きを探るのが、政宗の狙いであろう。
 政宗なりの考えがあって、長曾我部に身体を開いたのはわかる。
 しかし、長年連れ添ってきた小十郎にとって、それ故に胸にしっくりこない何かがあった。
 真っ昼間から他所の男を自室に引き込み、よからぬ事に及んでいた政宗を叱ろうと思っていたのに、何故か言葉にならなかった。

 ──右目の眼帯がなかった…

 長い付き合いである小十郎にしか見せたことのない、政宗の素顔。
 たった一度の逢瀬で、西海からの客人に明かしたことに、小十郎は歯を食いしばり拳を握り固めた。




 

 

--------------------------------



【まだ続く】



うちの小十郎、ずいぶんとまたやきもちやきさんだな。



 
スポンサーサイト

■コメント

■萌・悶! [汐]

桂花さぁぁぁぁぁぁぁんんんっ!!!!!!!
コメが遅くなりましたが・・・・うわーん、ありがとうですっ!!!
大好きな桂花さんの小説・・・しかも小十郎の嫉妬が見れる話を引っ越し祝いに書いてもらえるなんて(わなわな)
・・・うっうっ、、すんごい幸せですたいっ(涙)
どうやってこの喜びを言い表せる&返せるのか・・・!!! 
・・・っ大好きです、ちゅっv←汚

内容ですが・・すんごい萌ーーー★
小悪魔な筆頭にまず萌えて。 チカの筆頭にメロメロしてる姿に萌えて。
イライラしてるのに、ショックでなにもいえなくて悶々としてる
小十郎っ! 小十郎っ! ←興奮
最高です(ごくり)
続き、首を長くしてまっておりまするvv

■>汐さん [桂花]

ちゅうは確かに受け取りましたぜ。←

帰省や武田小説などと被っちゃって、すっかり遅くなりましたが、ご笑納いただければ何よりです。
何せ、汐さんのために書いたものですから、汐さんに喜んで頂けるのが何より嬉しくて、こちらが悶絶しそうです。
もちろん、他の方にも楽しんで読んで頂ければ、茗荷 冥利につきます。

汐さんが教えてくれたこの3人の萌えポイントを押さえるよう、頑張ってみました。
とはいえ、ウチの筆頭はアレですから、なかなかかわいいところを見せてはくれません><
頑張れ、小十郎!(性的な意味で)←

■ [せうる]

きゃーん!桂花さんの親政だァァァァ(〃▽〃)萌。

政宗様ったらなんという小悪魔ッ(*´д`*)
省略されてしまった例の営みのシーン、頑張って脳内劇場で開演しておきたいです♪w
桂花さんとこの政宗くんは色気ムンムンなのでそりゃもぉ……、ぐほ(鼻血)

これからこじゅのお仕置きタイムまでどう展開するんだろう( ´∀`)楽しみにしてます☆

■>せうるさん [桂花]

初めての親政がこんなんでいいのかしらと自問自答 (´・ω・`)

省略されたクライマックスシーンは、脳内補完の方向で。←
その分、小十郎が頑張りますから!(性的な意味で)

スーパーお仕置きタイムは、日曜朝に絶賛放映中止!(←待てや、ゴルァ)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。