■2010年07月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■そしてぴっしぶの例の騒ぎについて

◆とあるイラストコミュニケーションサイトにおいて、ちょっとした騒ぎがあって、知ったのは例によってついったーの呟きから。


◆いままでイラストしか投稿できなかったので、おれのようにイラストの描けないほぼROM専にとって、小説投稿機能というのはある意味面白そうであり、文章書きの端くれとしては触手が動くというものだ(正解は『食指が動く』)。
ただ、この機能には大きな落とし穴があった。


◆(以下、要約)
誰かが投稿したイラストに対し、イメージを膨らませて小説を書く。そのイラストに対しリンクを貼ることができる。
ここまでは、まあ、要約的な意味ではいいとしよう。
問題は、それがまったくの無断で行うことができたということ。
イラストや漫画を描いた絵描きさんが意図しない方向に話を作られて、それをどや顔でリンクを貼られてしまった今回の騒ぎ。問題は様々なところに飛び火した。
自分も二次創作に身を置いているわけだから、実は小心者の常として戦々恐々としているわけですが、今回の何が問題になったかというと、多分房なオトモダチが内々でやっていたつもりの絵を晒されたことと、それが横行可能だという土壌を運営が認識していなかったということでしょう。

初めて乃猫さんが幸村総受け話の挿絵を描いてくれた時、先に自分がマイピク申請をしていたということもあり、支部にイラストをあげる前に乃猫さんからちゃんと打診はありました。
今回の事件の場合、無断でイラストにリンク貼った事、それがどうやら絵描きさんの意図する方向ではなかった上に、文章を書いた側が「自分が素敵な文章を書いてあげたんだから感謝して欲しい」と斜め上な発言をしたことが問題だったらしい。あと、絵描きさんがあまりそのイラストを晒したくない(どうやら友達制限のものだったらしい)というのもあったらしいです。


◆折角の文章書きの芽を出せるかもしれない場所が、このような事件が起きたことで猛烈な反対に遭うことは、非常に悲しいですし、駄文書きの隅っこにいる草として、下手すれば同じような目で見られるのではという、怖い思いもあります。
(睾丸 厚顔にも手ブロや支部経由で知り合った方々に友達申請をしている草なので、尚更w)


◆現在、運営会社の人たちが対応に追われたりいろいろと機能を付け足したり改変させたりとかしていますが、根本的には利用する人間の心がけ次第なんですよねー。
良いも悪いもリモコン次第。


◆そういえば、手ブロに潜ることが多くなって、支部もすっかりご無沙汰だったりするわけで。
某Tさんの政宗が金髪に見えて仕方ありません。小十郎がひたすら主人に向かって冷酷無比です。


◆そういえば、新しいサイトの方。
落書きコーナーとか作っちゃったのはいいけど、置いておく絵がないじゃん。
誰が描くのよ←


◆本日の呟き
『BASARA3の石田三成と、ボトムズのキリコ・キュービィって似てない?』





スポンサーサイト

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。