■ブログ小説

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■赤蜻蛉 ~蒼太編回顧録~

HINOMOTO Wizardry ~蒼太編~』の後日談です。
先に↑こちらから読むことをおすすめします。


------------------------------------------------------------------------------

 秋月蒼太が急逝した翌日から、夏の気配はほとんどなくなり、朝晩が肌寒く感じるようになった。
 生前から「墓なんかいらない」と笑って言っていた蒼太だったが、石のひとつでも置きたくなるのは、残されたものの心境である。
 そうして並んだ九つの大小さまざまな石が、山の中腹に並んでいる。
 歴代の天翔迅雷流継承者の墓である。
 蒼太の葬儀を終え、彼の亡骸は土に埋められ石が乗せられた。墓は不要と言っていた蒼太へのせめてもの趣旨返しとして、墓碑に銘は刻まない。
 勢馬は、一番新しい石の前に座り、線香と酒をたずさえ手を合わせる。
「……結局、あんたには敵わないままだったな」
 寂しげに笑って顔をあげると、勢馬は愛おしげに新しい墓石を撫でた。
 勢馬が愛でた白く柔らかい肌の感触ではなく、硬くごつごつした文字通りの岩肌ではあるが、これもまた蒼太なのだ。
 たった一度きりになったが、押さえきれなかった勢馬の欲情を、蒼太は慈愛をもって受け止めてくれた。
 常に死神にまとわりつかれていた蒼太にしてみれば、残り少ない時間で、勢馬にたくさんの事を残したかったのである。欲が深いと言われればそれまでだが、蒼太がそれだけ勢馬の事を愛していたということだ。
 師匠として。育ての親代わりとして。愛した男として……
 思えば喧嘩ばかりしていた。
 でも、その力を稽古の方に昇華していったのは、秋月蒼太という師匠の導きのおかげである。
 十代目天翔迅雷流伝承者・秋月勢馬の名に恥じぬよう、これからも精進に励むと、勢馬は墓前に誓った。
 立上がり様、勢馬は素早く抜刀して、空気を斬った。
 蒼太ほか、歴代の天翔迅雷流継承者から受け継いできた技を、彼らに見てもらうために。
 剣を振り、技を繰り出していたそのとき。
『ほら、また足の動き!』
 風の音かもしれない。
 しかし、勢馬の耳には、はっきりと聞き取れた。
 愛おしいあの声。
 なるほど。確かに、半歩踏み込みが足りない。
 蒼太には、よく怒られたものだった。
 勢馬は、懐かしむような笑顔を浮かべ、新しい石に目をやった。
 秋の訪れを告げる赤蜻蛉が、蒼太の墓石の上で羽を休めている。
 赤蜻蛉は、大きな赤い眼で、じっと勢馬を見つめていた。

                                                【終】




にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ : *

■星祭り (蜀山奇譚 胡話)

蜀山奇譚』の後日談です。
単発でも読めると思います。多分(マテ

----------------------------------------------------------------


「青霞、ちょっと来てご覧」
 師姉の怜秀が珍しくその怜悧な顔に喜色を浮かべ、掃除中の青霞を呼び寄せた。
「何でしょう」
 青霞は掃除の手を止め、手招きされるままに怜秀の後に着いていく。
 本当は罰で言いつけられた掃除なので、途中で放置したことが師匠の白髪大仙に知れたら大事になるだろう。しかし、今の青霞は、そんな師匠にささやかでも抵抗したい気持ちにあった。それに、あの威厳あるしかめっ面の師匠も、怜秀にはどうにも強く叱れない。怜秀も青霞もそれと知っているから、あっさりと仕事を放棄している。
 燭台の明かりだけの薄暗い洞府と違い、外は満天の星空で昼間のように明るかった。
「うわぁ……」
 青霞が、感嘆の声をあげ、空を見上げる。怜秀はその顔を、満足げに見つめていた。
 新月のため、月明かりのない分、星のひとつひとつが、はっきり見える。
 星の位置が明らかに回転するまで、二人は飽きることなく星空を見上げていた。
「青霞。眼を閉じてご覧」
 怜秀にそう言われ不思議そうな顔をしていると、怜秀は青霞の双眸に手をかざす。
 突然、青霞の身体が空高く引っ張り上げられる感覚に囚われた。
「え? え、え?」
 天地の感覚すらわからなくなり、身体の中までひっくり返りそうになった頃、袖を引かれて我に返ることができた。
「いいぞ。眼を開けろ」
 その声は怜秀のものではなかった。
 だが、青霞にとって、どこか懐かしく愛おしい声に、訝しげに思いつつもそっと眼を開いた。
 星空の中に浮かぶその姿は、怜秀ではない。
 荘厳な自信に満ちあふれた、若く、逞しい青年武将の姿。
「翔英様…!」
 忘れようはずもない。
 会いたくて会いたくて仕方のなかった、その姿。
 それがために、師匠に叱咤され罰を受けようとも、決して忘れられることもない、その顔。
 翔英は、自信たっぷりの笑顔で、青霞に手を伸ばしてきた。
 青霞は恐る恐るその手を伸ばして、掴んだ。
 二人は手を取り合って、星空の中を飛んだ。
「翔英様…」
 翔英はただ微笑むだけで、答えない。それでも、翔英と二人きりでいるということに、青霞は胸いっぱいの想いだった。
 今まで黙って青霞を見ていた翔英が、口を開く。
 しかし、その声は言葉となって青霞の耳には届かない。
 そのことに不安を感じた青霞は、眉をひそめて翔英を見つめる。
「翔英様…?」
 青霞の心の不安が黒い渦となり、翔英の姿と星空を吸い込んでいった。
「翔英様!!」
 憔悴に駆られた青霞が、消えゆく翔英の手を伸ばす。
 届け。届いて!

 パンッ!

 目の前で怜秀が両手を叩く音で、青霞は我に返った。
 気が付けば、先程怜秀と星空を見ていた洞府の外から、一歩も動いていない。
 だが、星の位置が随分と変わっていた。
「……戻るか。付き合わせた礼に、私も掃除を手伝おう」
 怜秀が寝ころんでいた青霞の手を取って、その小さな身体を起こしてくれた。
 先程繋いでいた、ごつごつとした武人の手とは違い、柔らかく繊細な女性の手。
 二人は手を取り合い、洞府の中へと戻っていった。


「青霞…?」
 夜中にふと目が覚めた翔英は、半ば寝惚け眼で寝台を見回す。
 窓から空を見上げれば、振るような満天の星空。
 あそこを、青霞と共に飛び回った気がする。
 それが夢だとしても、手に残る小さく柔らかい感触は、忘れようもない。
「機嫌の良い星たちが、夢を見せてくれたのか」
 まるで祭りのように賑やかな星空は、まだまだ輝き続けていた。



          【終劇】





にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
タグ : *

■【SS】 馴れ初め

自キャラですが、最近やけにこの二人が好き。

てなわけで、蒼太編より勢馬のお話です。





続きを読む >>
タグ : *

■【古代中国史】 属鏤 【SS】 ※R-15くらい

戦国BASARA小説が(連載中ですが)一段落ついたのと、インフルエンザで死んでいたのと併せ、ちょっとした息抜きにオリジナルというか、妄想の産物をひとつ。
『呉越同舟』の成語でおなじみの、春秋戦国時代のお話です。

楚からの亡命者・伍子胥と斉の兵法家・孫武の、呉の盛衰に流される愛と別れ。
実際にあったかどうかなんて、三千年近くも前の話だから知ったこっちゃないし。←
『臥薪嘗胆』『死体に鞭打つ』などの成語がバンバンあらわれた、歴史のうねりの激しい時代。
二人の稀代の天才が認め合い、共に盛り立てたのは、中原より外れた後進国扱いされていた呉の国。
そんな激しく妄想を掻き立てられる話に、乗らないわけにはいかない。←ド迷惑



設定が設定なので、漢字がえらく多いです。
「根性で読め!」というのは申し訳なさ過ぎなので、わかりにくいものは(かっこ)をルビと思ってください。





誰がこのブログを『BASARA専門』と言いましたか?(ニコリ)←
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン




続きを読む >>

■本当は猛烈に伍子胥受けを書きたい字書きのエロなし即興小説

こちらでもご無沙汰すぎる更新です。こんにちは。
リアルの懸念がひとつ「まあ、解決したかなぁ?」という感じになったので、気晴らしに記念カキコ。

ちょっと前に、ついったのフォロワーさんの間で流行った(というか、今でもやってらっしゃる人も居ますよ、モチロンw)、即興小説トレーニングというサイトにて、制限時間内に出されたお題で小説を書くという、何ともシビアかつ字書きには良い練習場所がありまして。

今回は、そこで書いた伍子胥×孫武(もしくは、孫武×伍子胥)な駄文を置き逃げします。
イミフだったらゴメンナサイ、と、いまのうちに謝っておきますヽ(;´Д`)ノ ランタ タンタン♪






続きを読む >>

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。