■┗最も危険な遊戯 (小×政とか)

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第一話 【小×政】 ※R18

帰還ご挨拶がてら、HP200LXによるテキスト乱れ撃ち。
CEの言語が阿呆なのか、所詮は過去の遺物なのか。
ともかく、言語変換が泣けるほどアカン。
英文には特化しているらしいけど、残念ながら使用者に英文理解機能がないんですよ。←
でも、丈夫で長持ち。電源が単三電池というのは魅力的。
これからもよろしくね♪


今回は、某さんのリクエストにより、

『筆頭に鬼畜な事をしてみる祭り』


というのをやるとこになりました。

エロい筆頭がメインなので、あまり話の流れとか考えていません。
流れに任せます。

頑張れ、筆頭。



実は最近、政宗×いつきもお気に入りな拙者にも、ぽちっとやってくれますか?
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン



続きを読む >>
スポンサーサイト
タグ : *

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第二話 【小×政】

『小十郎×政宗』と銘打ちながら、初っ端から『佐助×政宗』になろうとは、誰が想像したであろうか。
(ヒントらしいものはあったんだけどね)

ともあれ、皆様の度肝を抜けたことで、つい
ご利用は計画的に
と、ほくそ笑んでしまう、腹黒忍者です。

というわけで続きなのですが、実は今回はエロいシーンありませんので、あんまり期待しないでください。



それでも読んでくださる度量の広い方は、ポチッとしてくれるだろうと期待。
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン



続きを読む >>

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第三話 【小×政】

第三話を書いている時の、脳内会話より抜粋。

腐れ忍者 「天下を驀進中の豊臣のみなすゎん。三方原攻めの後は、駿河ですよ♪」
はんべ姫 「だめだよ。そんな順番コな進軍は時間がかかる。秀吉のためにならないことは、ボクはしないよ。今川なんて、西へ進軍中の兵を反転させたと言ってちょっと脅かして、上洛をほのめかすだけで、簡単に籠絡できるよ」
腐れ忍者 「…そうなんスか」
はんべ姫 「徳川に足止め食らっているのは痛いけど、こっちだって伊達くんの考えはお見通しなんだ。そう簡単には小田原へ行かせないよ」
腐れ忍者 「具体的には?」
はんべ姫 「君みたいな腐れ忍者に、秀吉にもまだ進言していない機密事項なんて、言えると思ってるのかい?」
腐れ忍者 「…いぐざくとりぃ (その通りでございます)」
はんべ姫 「ヒントをあげるなら、小田原城は難攻不落だということだね。僕たちだけでも陥せるかどうか」
腐れ忍者 「それのどこがヒントなんスか?」
はんべ姫 「このヒントでわからないようじゃ、ダメだね。さ、続きを書きなよ。君の稚拙な駄文でも、楽しみにしている人たちがいるんだろう?」
腐れ忍者 「いえっさー!」
いえっさくん←いえっささん(仮名)と同居人の方









今回はんべ姫出てこなくても、怒らないでポチっとしてくれると、"草"でなく"腐(くさ)"として至福の限りでございます。
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン

続きを読む >>

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第四話 【小×政】

小十郎のお仕置きがメインテーマのはずなのに、なんだかきな臭くなってきた上に長くなりそうな予感。
テーマは守りますので、このままどんどん行かせてください。
軍師・半兵衛vs策士・政宗の構成が、何気に気に入ってしまった。
ベースはBASARA2の漫画ですが、微妙にBASARA3前夜祭にもなっていたりします。

久し振りに、家にあるだけの『落第忍者乱太郎』まで、ひっくり返してしまった。






拙者の脳みそでは、あんまり難しい事なんてできませんけどね。
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン




続きを読む >>

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第五話 【小×政】 ※R18

お仕置きってさぁ、悪い子に「こーゆーことしちゃダメなんだからねっ」ということで、お尻ペンペンするようなことでしょ?
何か今回の小十郎って、政宗にお仕置きしているというよりは、これは尋問というか拷/問というか…てな感じだなと、今更になって思った。







でも、続けるけどなっ! (・∀・)
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン

続きを読む >>

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第六話 【小×政】 ※R18

第五話の汐さんのコメントで、
『政宗が佐助に爪立てて、その疵を幸村が見つけ激しく嫉妬(要約)』
とありましたが…
うちの幸村、嫉妬以前に気が付くのかどうか…、と、ちょっくら妄想。
 ↓
上半身裸になった佐助の背中に、政宗の爪の痕…

幸村 「佐助。その背中の傷は如何致した?」
佐助 「へッ? き、傷…ですか?」(ギクリ)
幸村 「何かこう…引っ掻かれたような痕にござるな」
佐助 (独眼竜の旦那ァ~…)「い、いや。どうしたんでしょうね。痛くもなかったから、傷が付いているなんてわかんなかったし」
幸村 「……まるで、政宗殿の六爪流のような…」
佐助 (ぅわっ! 何でこんな時ばかり、いい勘してンだよっ!)「独眼竜の旦那と対峙したら、こんなんじゃ済まないって。は、ははは…(乾いた笑い)」
幸村 (そっと佐助の背中に走る傷跡に指を走らせる)
佐助 「ちょっ、ちょっと、旦那…っ?」
幸村 「こんなにたくさんの傷を負っていたのだな…。忍とは、真に苦労多き任務なのだな…」
佐助 「え? ま、まあ…ね。でも、それが俺たちの仕事だし…」
幸村 (突然すくっと立ち上がる)「待っておれ、佐助! 今、傷薬を持って参る」
佐助 「へ? い、いや。大丈夫だし。大した傷じゃないから…」
幸村 「すぐ来る! 大人しくしておるのだぞぉぉぉぉっ!」

どどどっ…と廊下を走る幸村の背中を、ただただ、ぽかーんと見守る佐助。






本編ドロドロしているから、ちょっと息抜き。これから極殺モードに入ります。
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン
続きを読む >>

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第七話 【小×政】

前回の反省点。
『変化(へんげ)で逃げるな』
以上。

駄文打ちの最中は、テレビもBGMもつけません。
強いて言うなら、脳内BGMを利用中なのですが、これが困った事に時々選曲不可となります。
今はもっぱら、串田シャウトがうるせいです。
「ふぁいてぃ~~ん にんじゃ~ ジィライヤ~~♪」
歌は覚えているけれど、内容全然覚えていない。




串田シャウトと言えば、「ふっじ──ッ、サファリパァァァクッッ!!」だと思う人ーノシ
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン

続きを読む >>

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第八話 【小×政】

今回は奥州の双竜の出番はお休み。
メインは、かすがです。
かすがを使って話を動かすのは初めてですが、元々キャラとして良い感じに立っているので、とても動かし易くてラクな子ですね。
いつき同様、いつか単独で話を書いてみたい。
多分、エロい方には進まないだろうけど。





エロ筆頭出ないからといって、回れ右されると寂しいの。ちゅっ←
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン
続きを読む >>

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第九話 【小×政】

今回の話は、今までで一番出てくるキャラクター多いので、うまくキャラの個性を把握しつつも、話の筋は こ れ 以 上 外れないよう、気を付けています。
元々、小十郎のお仕置きが終わったら、それで【終劇】だったはずなのに…
変に欲張って話を膨らませすぎた;
ない知恵振り絞ったり、孫子の本を引っ張り出したりと、日常生活に支障を来たすほど常にこの話のことばかり考えていました。

しまいには、夢の中でお館様とけんしんさまが、何事か語り合っているという事態にまで発展。




エロい筆頭の夢じゃなくて、舌打ち←
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン
続きを読む >>

■【戦国BASARA】 最も危険な遊戯 第十話 【小×政】

BASARA三成の人物像が掴みきれないままに、勝手に出してしまった。
まあ、まだ秀吉に仕官したばかりの若き武将(まだ武将にもなってないかも…)ということで。

相変わらずエロい話はないです。

いや。書きたくないわけではないのですが。
むしろ、書かせ(ry

せっかくの中秋の名月も、関東地方は生憎の天気で、すっかり忘れ去っていた←




みなさまの愛だけが頼りです。応援よろしく☆
 ↓
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ  blogram投票ボタン


続きを読む >>

来訪者

設置:2009.06.21

投げ文

☆メールはお気軽に☆

名前:
メール:
件名:
本文:

いんふぉめいしょん

拍手コメ等のお返事など

リンク

※当ブログのリンクはフリーですが、内容が内容なので、自己責任でお願いします。
このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

香彩茶房 別館こ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。